賃貸経営に興味がある人にとって意味のあるような情報をなどを集積していき紹介していきます。

賃貸経営に大事な家賃相場について深く知ることで安定的な経営が見込まれる

リビングの一角に置かれた一戸建ての模型

賃貸経営において、その賃貸物件の家賃というのは単体の品質は勿論ではありますが周りの賃貸と比べての相対的な条件もかかわって来ます。

たとえば、品質や条件などからして家賃が安いように見えても同じような条件でもっと安い賃貸があると、そちらに入居者が流れてしまいますので周辺との相場比較も非常に重要です。

近隣の家賃相場分析

家賃の値段の相場は、物件自体の品質は勿論ではあるのですが地域性や周辺環境にも左右されるところがあります。なので、自分が賃貸経営をする場所の土地の立地条件などは勿論ですが周りの賃貸がどのくらいの家賃で入居させているのかということも加味して考えなくてはいけないので、近隣の家賃についてもしっかりと情報収集をして、相対的な値段設定をすることが重要になります。

条件と相場両方の情報を分析して

勿論、周りの相場だけでなく自分の扱い賃貸経営の物件の条件も加味しないと勿体ないですね。たとえば、その部屋の広さという物もかかわってきますね。

立地条件や築年数、設備や部屋の向きなどもかかわって来ます。そして、同じような条件での相場と比較して調査分析を行い最適な家賃設定をしなければいけません。

そして、その家賃設定の最適な値段という相談に関してもやはり専門家の意見を聞いたほうが確実性が高いのです。近隣の家賃相場なんかは、まさに不動産関係の専門家に聞くのが一番早いです。

不動産を扱っていれば、近隣の賃貸の家賃もある程度把握しているでしょうから周囲と比較した上での最適な値段を算出するのもお手の物ですからね。

相場を無視した家賃を付けると、収益が上がらなかったり空室が多くなってしまったりするので、大事なことだからこそ専門家の意見を聞きましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ