賃貸経営に興味がある人にとって意味のあるような情報をなどを集積していき紹介していきます。

周辺賃貸の競合を調べることも大事なので賃貸経営には調査能力も求められる

不動産業者と今後賃貸経営について話し合う夫婦

賃貸経営というのは、その土地や立地、建物の設備や品質ということも確かに大事なファクターの一つです。しかし、それだけでは立ち行かないし不十分だと言えるでしょう。

賃貸経営においては、その土地だけでなく周辺の環境だとか地域についてもとても大事なファクターになります。

賃貸経営の周辺状況について

周辺の環境も合わせた情報で経営プランニングを立てるのもまた、賃貸経営においてはとても大事なことです。地域性や、地域の経済活動は勿論なのですが賃貸の競合なども大きな情報になりますのでその点についても考慮したプランニングが重要なんですね。

賃貸は、競合する客の取り合いになるかターゲット層を変えるか、それも経営方針において大事なことになります。なので、周辺の賃貸の情報収集と分析も欠かせません。

賃貸の競合に合わせた分析

賃貸が競合する場合も、たとえば立地が商業施設、学校や病院、交通機関などが近くにある場合であれば多少の競合はあまり問題にならないこともあります。

しかし、その逆であれば競合は割と致命的になりがちですので、他の周辺賃貸と差別化をするために、競合分析は賃貸経営において欠かせない物です。

ターゲット層のズラし、独自の利点を売りにしたりすることで集客を確実なものにしていくというプランニングが一般的なんですね。

賃貸経営は、一度入居が決まれば長い分他と競合してしまうと取り合いになってしまえば中々空室が埋まらないということもあります。

だからこそ、他の賃貸とターゲット層がかぶらないようにしたりそこよりも好条件にするなどして工夫が必要になって来ますので周辺の状況を分析するための情報は必須になってくるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ